「火事」なら消防車、「火事+刑事事件」なら弁護士も呼べ!

「火事」なら消防車、「火事+刑事事件」なら弁護士も呼べ!

  • HOME
  • 延焼罪・失火罪

延焼罪・失火罪

延焼罪は刑法111条で、1項に「第109条第2項又は前条第2項の罪を犯し、よって第108条又は第109条第1項に規定する物に延焼させたときは、3月以上10年以下の懲役に処する。」とされ、2項に「前条第2項の罪を犯し、よって同条第1項に規定する物に延焼させたときは、3年以下の懲役に処する。」と規定されています。一見すると条文番号がつらつらと書かれていて難しい条文だと思うかもしれませんが、中身は単純です。すなわち、自己所有の非現住建造物等や建造物以外の物を放火して現住建造物や他人所有の非現住建造物に燃え移らせた場合の規定が1項であり、自己所有の物を燃やして、他人所有の物に燃え移らせてしまった場合の規定が2項の規定です。

失火罪は条文まで引用しませんが、過失により出火させてしまった場合の規定です。故意犯の放火罪はかなり重い罪となっていますが、失火罪の場合は50万円以下の罰金と非常に軽い罪となっています。もっとも失火であっても重大な過失であれば、民法上の不法行為責任を追及されることはあるので注意が必要です。

このページのTOPへ