「火事」なら消防車、「火事+刑事事件」なら弁護士も呼べ!

「火事」なら消防車、「火事+刑事事件」なら弁護士も呼べ!

  • HOME
  • 放火と焼損の意義

放火と焼損の意義

現住建造物等放火罪は刑法108条に、「放火して、現に人が住居に使用し又は現に人がいる建造物、汽車、電車、艦船又は鉱坑を焼損した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する。」と規定されています。読んでいただければ分かるように、やはり人がいる場所を燃やす犯罪なので、人が亡くなる危険性も高く、死刑も法定刑に含まれています。要件は、現住又は現存建造物等を客体とし、放火し、焼損させたことです。まずは理解しやすい放火と焼損の意義から簡単にみていきますと、「放火」とは原則として建造物などに火をつけることをいいます。建造物等に直接火をつけなくても、建造物に燃え移らせるために油をしみこませた新聞紙(媒介物として)などに火をつけた時点で放火の実行行為が認められます。なおガソリンなどの揮発性の高い物は火をつけなくても、あたりに散布した時点で実行の着手が認められるため注意が必要です。つぎに「焼損」とは、火が目的物を離れ目的物が独立に燃焼を継続するに至った状態であると解するのが通説・判例です。この焼損が認められれば放火罪が既遂となるので非常に重要な概念となります。

このページのTOPへ